女の子を産み分けするためのライム洗浄について調べました

女の子を産み分けするためのライム洗浄について調べました

産み分けに挑戦しようと考えているけど、何をしたらいいかわからないっていう方いませんか?
そういう方に向けて、自分で簡単にできる産み分け方法について書いていますのでぜひ読んでもらいたいです。

 

どうしてライムを使うのか?

 

女の子の産み分けでは膣内を酸性にすることが大切です。

 

なぜならば、女の子の元となるX精子はY精子よりも酸性に強いからです。

 

Y精子は酸性の膣内では多くが生き残れないのです。

 

 

だから女の子の産み分けでは、産み分けゼリーの使用やライム洗浄で膣内を酸性にして性交渉することを勧めています。

 

 

酸性にできるものならなんでもいいのかというと、そういうわけではないみたいです。

 

ちなみに、酸性かどうかはPHの値で判断します。

 

pHはPH試験紙というもので測ることができます。
pHは0〜14の目盛りがついており、7が真ん中で中性です。
pH値が7より低いものが酸性で、0に近いほど酸性度は高くなります。
逆に7以上がアルカリ性となり、14に近いほどアルカリ性は高いことになります。

 

例えば、お酢は「3」ライムが「1.7」くらいです。
これを見ると、ライムの方がpH値が低く、酸性度が高めなのがわかります。

 

ということで、女の子の産み分けでは、ライムを使うことをお勧めしていますよ。

 

 

ライム洗浄液の作り方

 

ドラッグストアなどで使い捨てのビデを購入し、スーパーなどに売っているライムを用意します。

 

小さじ1杯ぐらいのビデの水を捨てて、絞ったライム果汁を小さじ一杯ほど入れます。

 

それを軽く振ってまぜます。
そして膣内を洗浄します。

 

ライム洗浄後に性交渉をもちます。

 

 

 

排卵が近づくとpH値はアルカリ性に傾いていきます。

 

ただ、セックス中に出てくる頸管粘液はアルカリ性なので普通にオーガズムを感じたらちょっと酸性になっているとはいいがたいかもしれません。

 

精液は弱アルカリ性だそうです。

 

 

 

産み分けゼリーについて

 

産み分けゼリーを使うことによって、膣内のpH値をコントロールすることができます。

 

より確実にと考えるなら、使うことをお勧めします。

 

ちなみに産み分けゼリーを使うことで、産み分けの成功率は80%だそうです。

 

その効果の高さがうかがえますね。

 

 

もともと産み分けは100%ではないので、確率を高めるためにはできること全部やってみるというのが大事だと思います。

 

もっと産み分けの確率を高めたい方はここを参考にしてください。
女の子の産み分けに成功した人の体験談